今月のおすすめ物件情報

フィリピンにおける不動産市場の特徴として魅力的なのがコンドミニアムがお手頃価格で購入できるということです。
日本に比べると物価水準が低いのがフィリピンの特徴であり、物価水準がおよそ三分の一から五分の一程度であるとされています。
そのためコンドミニアムにかぎらず、どの不動産であっても日本では考えられないような低価格で購入することができるようになっているのです。
そしてこれが【今月のおすすめ物件】です!
title
title
種別:新築 コンドミニアム
所在地: 

詳細情報はこちら

title
title
種別:新築 コンドミニアム
所在地:

詳細情報はこちら

コンドミニアムがお手頃価格で購入可能!

コンドミニアムが不動産投資に良いのはその需要の高さと家賃の高さです。
外国企業の進出が進んでいる影響を受けて海外駐在員が増えている状況があることに加え、出稼ぎ労働をすることによって財を蓄える現地の人も多くなっていることから、都心部においてコンドミニアムの需要が高騰しているのです。
しかし、マカティCBDにおける単価は東京都心のマンションに比べておよそ四分の一程度であり、不動産投資を行おうとすればお手頃価格で手に入れることができるようになっています。
フィリピンにおけるコンドミニアムは設備においても日本に勝るとも劣らない面があり、24時間帯世知のガードマンの設置によるセキュリティの充実に加えて、プールやジムなどが設置されているのが一般的です。

そういった充実した一等地の物件をお手頃価格で購入できるのは日本では実現できないフィリピンならではのメリットといえるものでしょう。
こういった物件は需要が高いことから賃貸経営をするのにも適しており、高い家賃と低い空室率による高い利回りを実現していくことができると期待できます。
コンドミニアムに魅力がある一方で、ローカルな物件も手に入れることは可能です。
続きはこちら

低額なローカル向けの住宅を購入して家賃収入を得る!

不動産投資の目的で購入するにはよりお手頃価格で購入できるローカルな低価格物件を利用するというのも賢い方法です。
国によっては外国人が不動産を購入する際の最低価格が定められている場合もありますが、フィリピンにおいてはそういった規定はありません。
そのため、日本のアパート経営と同様な形でローカルな物件を安く手に入れて賃貸経営をすることで家賃収入を得ていくということも実現できるのです。
経済発展の最中にあるフィリピンでは不動産価格も家賃相場も年々上昇する傾向にあるため、家賃収入を増やしていくことができるだけでなく、不動産価値も高まって大きな利益をあげられる可能性が高くなっています。
続きはこちら

新着情報

お知らせ

  • 登録されているお知らせはございません。

フィリピン不動産Q&A

フィリピン不動産に関するまとめ記事



ピックアップ記事

  1. 03-700x380

    日本の未来に立ちはだかる莫大な借金。国家破綻の危機

    日本は莫大な借金を抱えている国です。
  2. 01-700x380

    世界から集まって来る投資マネーのパワー

    先日、日銀の黒田総裁がマイナス金利の導入を発表して市場は動揺していますが、これを受けて投資家のマネー...
  3. 07-700x380

    今フィリピンの不動産投資をお勧めする「3つの理由」

    投資には様々な方法がありますが、中でも手軽でそれ程頻繁にチェックしなくても良いなどの点から人気がある...
]